妊娠12週目のエコー写真に見る胎児の特徴|妊婦が注意したいことは?

妊婦健診で行われる超音波(エコー)検査では、超音波を当てることにより、画像や動画で子宮の内部の様子を観察します。胎児が生まれる前に、成長の経過をチェックしたり、異常を早期発見したりするための検査です。

 

ここでは、超音波検査でわかる妊娠12週目の胎児の特徴や、エコー写真からわかることをご紹介します。また、妊婦さんの特徴や気をつけたい注意点もお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

妊娠12週目の胎児の特徴とエコー写真からわかること

妊娠初期から妊娠中期へと近づいていく、妊娠12週目。この時期の胎児の特徴や、エコー写真からわかることをお伝えします。検査でお腹のなかの様子を確認してみましょう。

 

胎児の特徴

妊娠12週目になると、胎児が発達して体つきにより人間らしさが出てきます。まぶたが形成され、指先には爪ができてきます。この時期はまだ、足と比べて腕が発達している段階です。胎児の足より腕のほうが長いことも珍しくありません。ほとんどの内臓の形が完成しており、腎臓で尿が作られて排出されるようになります。また、性器が発達して、男女に違いが見られるようになるのも大きな特徴です。

 

エコー写真からわかること

妊娠12週目のエコー写真では、胎児の体や手足の部位がはっきりとわかるようになります。顔の形がはっきりとしてくるほか、まれに性別を判定できる場合もあるようです。また、超音波検査で胎児の脈拍を確認できるようになります。

 

多くの妊婦さんは、妊娠週数が12週目を過ぎた頃から、腹部に器具を当てる「経腹超音波検査(腹部エコー)」を行うようになります。膣から医療器具を挿入して検査する「経腟超音波検査」と比べて、胎児の発育状態をより広い範囲から確認できるのが特徴です。

 

このように妊婦健診で行われる超音波(エコー)検査は、出生前診断の一種といわれます。胎児の遺伝情報について知りたい妊婦さんやご家族には、さらに詳しく調べる出生前診断を受ける選択肢があります。たとえば「NIPT(新型出生前診断)」「羊水検査」「絨毛検査」などの検査では、胎児が先天異常をもつ可能性を調べることが可能です。

 

なかでもNIPTの検査は、妊娠10週以降と早期に受検できます。平石クリニックでは、原則として妊娠16週未満の妊婦さんを対象に検査を提供しています。妊婦さんやご家族が出産に備えるうえで、出生前診断の検査をお役立てください。

 

妊娠12週目の妊婦の特徴

妊娠12週目を迎える妊婦さんには、どのような体調の変化があるのでしょうか。ここでは、妊娠中の体に起こり得る変化をご紹介します。

 

つわりが落ち着く

吐き気や食欲不振をはじめとしたつわりの症状は、妊娠12週目になると落ち着き始めます。一般的につわりのピークといわれるのは妊娠10週目頃です。ただし、つわりの症状は妊婦さんにより個人差があり、なかにはもう少し長引く方もいらっしゃいます。

 

めまいを感じやすい

妊娠12週目は、妊娠中のホルモンバランスの変化と血液の増加により、クラクラしやすくなります。めまいを感じやすいことを意識して、落ち着いた行動を心がけましょう。こまめに水分補給を行うとともに、日常生活では急に動き出すのを避けてください。

 

歯茎の腫れ、出血が生じる

妊娠中はホルモンバランスの変化により、歯茎が敏感になりやすいといえます。腫れたり出血したりするためお気をつけください。柔らかい歯ブラシで優しく歯を磨いたり、塩水で口をそそいだりすると、お口の調子を悪化させにくくなります。

 

頻尿になる

妊娠中は子宮が大きくなることで膀胱が圧迫され、尿意を感じやすくなります。そのため頻尿になる妊婦さんも少なくありません。なお、妊娠中は女性ホルモンの影響により、尿管や膀胱の筋肉がゆるんでいて、細菌がとどまりやすい状態となっています。細菌が繁殖すると膀胱炎などのリスクがあるため、我慢をせず頻繁にトイレへ行きましょう。

 

妊娠12週目の妊婦が注意したいこと

妊娠12週目を迎える妊婦さんが、日常生活で注意したいことをお伝えします。体調が落ち着いてお腹が大きくなり始めるのに合わせて、日々の過ごし方を調整しましょう。

 

適度な運動を始める

妊娠12週目はつわりが治まり始めて、食事の量が増えやすくなります。このとき、過度の体重増加には注意が必要です。肥満を予防するために適度に運動をして、体重管理を始めると良いでしょう。たとえば、マタニティヨガ・ウォーキング・スイミングなどの有酸素運動は、妊娠中でも無理なく取り組みやすいといえます。一方で、お腹を圧迫したり心臓に負担をかけたりする運動は、避けるようお気をつけください。

 

骨盤底筋トレーニングをする

子宮や膀胱は、骨盤底筋と呼ばれる筋肉に支えられています。妊婦さんは、この筋肉を鍛えるよう意識してください。たとえば、ゲーゲル体操やスクワットなどの運動は、骨盤底筋のトレーニングにつながります。妊娠中に重要な筋肉を鍛えましょう。

 

お腹まわりがゆったりとした服装にする

妊娠12週は、少しずつ腹部が大きくなり始める時期です。大きさはまだ目立ちませんが、タイトなジーンズやスカートのように、お腹を締め付ける服装は控えましょう。腹部を圧迫すると子宮が収縮しやすくなり、流産や早産になる危険性があるためです。お腹が大きくなるのはまだ先であり、すぐにマタニティウェアが必要となるわけではありません。しかし、手持ちの衣服のなかから、できるだけゆったりとした服を選んで着ると良いでしょう。

 

妊娠12週で受検できる出生前診断

妊娠12週は、妊娠初期から妊娠中期へと近づいていく時期です。超音波検査のエコー写真では、胎児の見た目により人間らしさが出てきます。エコー検査のほかにも、出生前診断には多くの検査方法があります。胎児が先天異常をもつ可能性を調べられる「NIPT(新型出生前診断)」は、妊娠10週から受検可能です。出産に備えて検査を検討していらっしゃる妊婦さんやご家族は、NIPTを提供する平石クリニックまでご相談ください。

新型出生前診断(NIPT)のことでわからないことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。



関連記事

  1. 妊娠中はコンビニが頼りに!?つわり中に食べやすいコンビニご飯…

  2. 妊娠9週の胎児と妊婦の特徴は?体に起こる変化と生活のポイント…

  3. 羊水検査とは?受検前に理解しておきたい出生前診断の目的と注意…

  4. 胎児の性別がわかる時期と検査方法|NIPTで調べるには?

  5. 広汎性発達障害は遺伝する?症状の特徴と主な原因、検査方法を解…

  6. 妊娠初期にお腹が張る理由と対処法|毎日の生活で気をつけること…

PAGE TOP