つわりを和らげる方法とは?症状別の対処法や注意点などについても徹底解説


つわりを和らげる方法について知りたいと悩んでいませんか?

この記事では「つわりを和らげる方法」について解説してきます。

結論、つわりを和らげる方法を理解しておくことで、不安やストレスを軽減させることにも繋げることが可能です。

他にも「つわりの症状別の対照法」や「つわりを悪化させないための注意点」についても解説します。
ぜひこの記事を参考に、つわりを和らげる方法を活用してみてください。

また「高齢出産で発達障害の子供が生まれる確率」について知りたい方は、こちらで解説を行なっていますので、ぜひ確認してみてください。

つわりとは?

二絨毛膜性双胎とは?

つわりとは、妊娠初期に発症され、食欲不振や吐き気、嘔吐などの症状が見られます。

すべての妊婦さんがつわりを発症するのではなくて、約70%の妊婦さんに症状が見られるとされています。
一人ひとりの健康状態や環境などによってもつわりの症状が異なるため、頻度や症状が出る時間などは決まっておらず、個々によって異なります。

実際に、つわりの症状が強い方がいたり、弱い方がいたりと個人差によって大きく異なるため、少しでも不安がある方は、あらかじめ担当医に相談しておくことをおすすめします。

つわりを和らげる方法

日本産科婦人科学会が性別の報告を推奨していない

つわりを和らげる方法を把握しておくことで、精神的ストレスを解消することにも繋げることが可能です。

具体的につわりを和らげる方法については、以下のとおりです。

  • 適度な運動をする
  • 水分補給をこまめにする
  • 食事をする際に工夫をする
  • ゆったりした服装に変える

それぞれの方法について、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

適度な運動をする

適度な運動をすることによって、全身の血流の流れが良くなり、筋肉の緊張を解くことができるため、つわりを和らげることが可能です。

ストレッチやマタニティヨガを行うと、さらに効果的につわりを和らげることができます。
また、むくみ対策にも効果的に働くことができるため、母体はもちろん、赤ちゃんにも良い影響を与えることにも繋がります。

夜の就寝前や朝の起床後などの習慣的に適度な運動をすることをおすすめします。

水分補給をこまめにする

ウルフ・ヒルシュホーン症候群について理解しよう

身体の水分量が減ってしまい、つわりの症状が強く出てしまうケースもあるため、水分補給をこまめにすることで、つわりを和らげることにも繋がります。

水やスポーツドリンクであれば問題ありませんが、甘い炭酸飲料やジュースを飲みすぎてしまうと、身体に悪影響を与えてしまい、最悪の場合には妊娠糖尿病になってしまうリスクがるため、あらかじめ注意が必要です。
つわりで食欲がない場合でも、水分だけでも適度に摂取することで、健康を維持することにも繋げることが可能です。実際に、妊娠をすることで、普段よりも水分を多く必要とするため、脱水症が起きてしまうリスクが高くことも事実と言えるでしょう。

このように、意識的に水分補給をこまめに行うことが重要です。

食事をする際に工夫をする

食事をする際に工夫をすることでつわりを和らげることにも繋げることが可能です。

つわりが原因で食欲が無くて、食事をしていない状態が続いてしまうと、さらに身体に悪影響を与えてしまう可能性があるため、食欲がなくても簡単に食べるものを準備しておくことが重要です。
例として、味噌汁やサラダ、お粥など自分自身が食べられる食材を準備しておくことをおすすめします。
身体の栄養分が増えることによって、つわりを和らげることはもちろん、胎児にも良い影響を与えることができます。

ゆったりした服装に変える

NIPT検査の受け取り方法

ゆったりした服装に変えることによって、身体的ストレスを軽減させることができ、結果的につわりを和らげることにも繋げることが可能です。

タイトな服装でお腹周りを圧迫してしまうと、血流の流れが悪くなり、赤ちゃんに十分な栄養が届きづらくなってしまうリスクがあります。
ゆったりした服装を選ぶ際には、サイズ調整ができたり、肌触りが良い服装を選ぶことをおすすめします。

また、冬であれば、身体を冷やさないように、保温性がある服装を選ぶようにしましょう。

つわりの原因とは?

つわりの原因については、はっきりと解明されていませんが、妊娠による急激な変化に対して、体が対応することができないことがで、つわりが発生すると言われています。
他にもホルモンバランスも関係しているとされており、妊娠によって活性化されたホルモンが神経を刺激することも原因の1つとされています。

つわりの症状として、吐き気については、体内にガスが溜まりやすくなることが原因と言われています。
また、妊娠中は、ビタミン不足になりやすく、血糖値の変化や精神的な悪影響も予想されているため、あらかじめ注意が必要です。

つわりの症状別の対処法

患者の一部(80%未満)にみられる症状

つわりの症状別の対処法について理解しておくことで、つわりの症状が起きても適切に対処することが可能です。

具体的につわりの症状別の対処法については、以下のとおりです。

  • 食べつわりの症状の対照法
  • 吐きつわり症状の対照法
  • 匂いつわり症状の対処法
  • 眠りつわり症状の対処法

それぞれのつわりの症状別の対処法について解説してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

食べつわり症状の対処法

食べつわりの症状は、妊娠によって過剰な体重増加の原因となり、妊娠初期に食事量が増えてしまう症状のことを指します。
基本的に、妊娠中は体重に大きな変化あると、赤ちゃんの健康に悪影響を与えてしまうリスクがあります。

具体的に食べつわり症状を抑える方法については、以下が挙げられます。

  • 手軽に食べられる物を用意する
  • 食事を小分けにする
  • ヘルシーな食品を選ぶ
  • カロリーが少ない食べ物を感触する
  • 空腹感が紛れる食品を選ぶ

上記以外にも、マッサージを行い、体全体の血流を良くすることで、食べつわりの症状を軽減させることにも繋がります。
また、パートナーや周りの友人に食べつわりということを伝えておくことで、食べすぎてしまうことを防ぐことが可能です。

吐きつわり症状の対処法

典型的な症状

吐きつわり症状とは、吐き気がしてしまって、十分な食事が取れずに、お腹の赤ちゃんに十分栄養を届けることができなくなってしまう症状のことを指します。
一人ひとりによって症状は異なりますが、水を飲んでしまうだけでも吐き気がでてしまうケースもあります。

対処法については、心と体をリラックスすることが一番重要とされており、無理して食べずに、その時に食べられるものだけでも食べることが重要です。
実際に、妊婦さんの7割が吐きつわりを経験しており、一日になんども嘔吐を繰り返して、体重減少が見られます。

最悪の場合には管理入院が必要になるため、少しでも症状が続くようであれば、早めに治療を行うことをおすすめします。

匂いつわり症状の対処法

妊娠がきっかけで今までまったく気にならなかった匂いが気になってしまい、特定の匂いを嗅ぐだけでも吐き気が出てしまう症状のことを匂いつわりと呼びます。
よくある例として、ご飯の炊ける匂いやシャンプーなどが過敏に反応してしまい、吐き気が出てしまうケースが多くあります。

対処法は、ご飯の匂いで吐き気が出てしまう場合には、冷めたご飯などにしてみたり、なるべく匂いが発生しない状態にすることをおすすめします。

また、家の中でもなるべく強い匂いがするものを置かないように注意するなどの配慮が必要と言えるでしょう。生ゴミなどは、自分自身で処理はせずに、旦那さんに協力してもらうなどの工夫が必要です。

眠りつわり症状の対処法

クラインウェルター症候群の原因

眠りつわりの症状は、一日中眠気が出てしまい、だるさや頭痛などの症状が現れます。
自律神経が乱れていることが原因とされており、最悪の場合には精神的に病んでしまうこともあるため、あらかじめ注意が必要です。

対処法については、無理に起きようとせずに、寝られるときにはしっかりと寝ることが大切です。

起きなければいけない場合には、旦那さんにも協力してもらい上手に眠気に付き合いながら行動をすることが挙げられます。
ストレッチや人と会話をしたり、運動をしたりなどの工夫をすることによって、眠りつわりの症状を軽減させることができます。

つわりを悪化させないための注意点

クラインウェルター症候群の症状

つわりを悪化させないための注意点については、主に以下2つが挙げられます。

  • ストレスを溜めない
  • 正しい生活習慣を意識する

それぞれの注意点について解説していきますので、つわりで悩んでいる方や、これから妊娠を控えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ストレスを溜めない

つわりは精神的な要因が大きいとされており、ストレスを溜めないことによって、つわりを和らげることが可能です。

初めて妊娠をしてしまう方は、これから出産をするという不安などによってストレスが溜まってしまうことが多いため、さらにつわりを悪化させてしまうリスクが挙げられます。
ストレスの少ない環境作りをすることはもちろん、家族や友人にもサポートをしてもらうことによって、日々のストレスを減らすことにも繋がります。
また、妊娠しながら働いている方であれば、なるべく負担が無いように、仕事内容を調整するなどの環境づくりもストレスを溜めないためには必要と言えるでしょう。

このように、ストレスを減らすことは、つわりを和らげる効果以外にも、暴飲暴食や精神衛生などにも良い影響を与えることが可能です。

正しい生活習慣を意識する

知的障害

正しい生活習慣を意識することによって、つわりを悪化させるのを防ぐことが可能です。

具体的に生活習慣でつわりが悪化してしまう主な原因については、栄養不足と運動不足が挙げられます。食事が偏りがちになってしまうと、ミネラルやビタミンが不足してしまう原因となり、ホルモンバランスが崩れてしまい、つわりが悪化してしまう原因となります。
日常的に適度な運動をおこなうことによって、副交感神経が活性化されるため、つわりを改善することに繋げることが可能です。

一人ひとりの体調によっても、つわりの原因が異なる場合があるため、正しい生活習慣を続けていてもつわりが改善されない場合には、クリニックや病院で診てもらうことをおすすめします。

つわりの期間とは?

秋田でNIPT(新型出生前診断)を実施している病院を知ろう

つわりの期間については、妊娠5週目頃からつわりが始まるとされていますが、早い人であれば、妊娠4週目頃からつわりが始める方も少なくありません。

また、つわりは妊娠15週目くらいまで続くとされており、初めて妊娠する方であれば、精神的なストレスの原因となってしまうリスクが挙げられます。
つわりは赤ちゃんに悪影響を与えてしまうと思っている方が多くいますが、お腹の赤ちゃんには何も悪影響はないため、無理せずにつわりの期間を乗り越えることが重要です。
つわりがあまりにも辛くて長く続いてしまう場合には、担当医に相談してみることをおすすめします。

しかし、まったくつわりを経験しなかったという方も少なくないため、自分の身体の様子を観察することも大切と言えるでしょう。

つわりの注意点

三つ子以上だけ検査が実施できないことが多い

つわりで、強い吐き気や激しい嘔吐が続いてしまう妊娠悪阻という状態になってしまうと、入院が必要になるため、あらかじめ注意が必要です。

具体的に以下のようなつわりの症状が出ている場合には、早めにクリニックや病院で診てもらうことをおすすめします。

  • 体重が急に減った
  • 食欲がなく食べていない
  • トイレの回数が減った
  • 顔が痩けた
  • 常に気持ち悪い

基本的に、つわりは妊娠していると経験をすることがですが、しばらく我慢をすることで、乗り越えることが可能です。
しかし、妊娠をしている約2%では、妊娠悪阻になってしまう傾向です。
また、つわりでは、自分がやりやすい方法でつわりを乗り越えることを見つけることも大切になるため、手探りでいろいろな方法を試してみることもおすすめします。

つわりを和らげる方法を実施しよう!

NIPTを受診することで何がわかるのか理解しよう

今回は、つわりを和らげる方法について知りたい方に向けて、つわりを和らげる方法からつわりの注意点について紹介しました。

つわりを和らげる方法については、以下のとおりです。

  • 適度な運動をする
  • 水分補給をこまめにする
  • 食事をする際に工夫をする
  • ゆったりした服装に変える

上記以外にも、自分に合った方法を見つけることもつわりを和らげることにも繋げることが可能です。また、つわりの注意点をあらかじめ理解しておくことで、つわりを悪化させることを防ぐことに繋がります。

今回紹介したことを参考に、つわりを和らげる方法を活用してみてください。

関連記事一覧