NIPTで検査間違えや血液検体の取り違えはある?陽性だった場合の対応についても徹底解説


NIPTで検査間違えや血液検体の取り違えはあるのかについて知りたいと悩んでいませんか?

この記事では「NIPTで検査間違えや血液検体の取り違え」について解説してきます。結論、NIPTで血液間違えや血液検体の取り間違えの事例は1件もなく、基本的にはコンピューターによって自動処理されているため、間違って出力されることはありません。
他にも「NIPTの検査精度」や「NIPTのメリット」についても解説します。ぜひこの記事を参考に、NIPTについて理解を深めてください。

また「NIPTの遺伝カウンセリング」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますので、ぜひ確認してみてください。

【おすすめのNIPT(新型出生前診断)クリニック】

NIPT(新型出生前診断)で検査間違えや血液検体の取り違えの対策について

ベリナタ NIPT

クリニックで採血を行った検体については、一般的にどのNIPT実施クリニックにおいても、一人ひとり個別に採血を行い、専用の輸送ボックスで検査機関に送ります。

平石クリニックの場合、顧客それぞれに患者IDという記号が割り当てられ、同姓同名の顧客がいても取り違えのないように管理がされています。

検査機関に到着したら、再度確認後に検査実施を行うため、血液検体の取り違えの発生を防ぐことが可能です。

NIPT(新型出生前診断)の検査精度

ダウン症(21トリソミー)の検査方法

NIPTは、陰性の場合的中率が99%という驚異の精度を誇ります

具体的にNIPTの検査精度を表す際に、下記の用語が使用されています。

  • 特異度
  • 感度
  • 的中率

それぞれの項目について解説してきますので、これからNIPTを受けたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

特異度

特異度は、疾患がない人のうち陰性となる確率のことを指します。

NIPTの特異度は、99.9%とされており、偽陰性が起こる可能性は非常に低い特徴があります。
検査結果で陰性と判断されたら、お腹の中の赤ちゃんが疾患を持っていることは、ほぼ100%で無いと言えるでしょう。

感度

NIPT カウセンリング

感度は、実際に疾患がある人のうち陽性となる確率のことを指します。

疾患がある人が10人いたとして、そのうち9人が「陽性」の結果であると正しく判定されれば、感度は90%になるということです。

このように、NIPTは他の非確定検査よりも検査精度が高いため、お腹の中の赤ちゃんを調べたいと思っている方は、NIPTを利用することをおすすめと言えるでしょう。

的中率

NIPTの的中率は、対象の疾患や検査機関などによって多少異なりますが、陰性の場合約99%とされています。
的中率とは、検査結果に対して正しく判定されている確率のことを指します。

NIPT(新型出生前診断)のメリット

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の症状

NIPTのメリットについては、以下3つが挙げられます。

  • 胎児の疾患の可能性が分かる
  • 妊娠10週目から検査可能
  • 流産リスクがない

それぞれのメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

胎児の疾患の可能性が分かる

NIPTの最大のメリットは、出産する前に胎児に疾患があるかどうか可能性を調べられることです。
基本的に、NIPTでは、以下3つの疾患を始めとする疾患を調べることが可能です。

  • ダウン症(21トリソミー)
  • エドワーズ症候群(18トリソミー)
  • パトウ症候群(13トリソミー)

出産年齢が35歳以上だと、上記の疾患になってしまう確率は急激に上がってしまうリスクがあります。
そのため、高齢出産をする場合には、NIPTを受けて少しでも不安を減らすことで、結果的に流産や早産などを防ぐことにも繋がります。

妊娠10週から検査可能

帝王切開の種類

NIPTは、妊娠10週目から検査可能なので、妊娠初期からお腹の赤ちゃんの状態を把握することができるメリットが挙げられます。

妊娠初期からお腹の中の赤ちゃんの状況を把握することで、陽性の結果が出た場合に、夫婦で考える時間や、治療の準備をする時間などを確保することが可能です。
このように、妊娠初期から赤ちゃんの状態を確認できることは非常にメリットがあると言えるでしょう。

流産リスクがない

NIPTは、流産リスクがないというメリットが挙げられます。腕からの採血だけで検査が行われるため、検査時間も短くストレス無く検査を受けることが可能です。

対して確定検査である絨毛検査や羊水検査については、母胎のお腹に直接針を指すため、母体と胎児の両方に大きな負担がかかってしまいます。
実際に、絨毛検査や羊水検査を行なったことによって、流産や死産になってしまった方は少なからずいます。

このように、NIPTは流産リスクがないのが大きなメリットです。

おすすめのNIPT(新型出生前診断)クリニック

滋賀のNIPT(新型出生前診断)実施病院

おすすめのNIPT(新型出生前診断)クリニックについては、以下が挙げられます。

下記にて、それぞれのクリニックについて特徴を踏まえて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

平石クリニック

平石クリニック

項目内容
住所〒106-0045 東京都港区麻布十番1-9-7 麻布KFビル7F
電話番号0120-220-944
診療時間10:00~17:00
検査項目・基本検査  (13、18、21トリソミー検査/性染色体検査/性別判定)
・全染色体検査  (1番~22番トリソミー検査/性染色体検査/性別判定)
・微小欠失検査  (1番~22番トリソミー検査/性染色体検査/※微小欠失検査/性別判定)
※ 1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、プラダ―・ウィリー症候群、アンジェルマン症候群、22q11.2欠失症候群
費用・基本検査:180,000円(税抜)
・全染色体検査:210,000円(税抜)
・微小欠失検査:230,000円(税抜)

平石クリニックは、土日でも検査可能で、アフターフォローが充実しているNIPTクリニックです。

認定遺伝カウンセラーも在籍しているため、NIPTを受ける前に、不安や疑問に思っていることを気軽に相談することが可能です。
最短6日に検査結果を知ることができるため、できるだけ早くお腹の中の赤ちゃんを知りたいという方にもおすすめのNIPTクリニックです。

NIPTを受けてお腹の赤ちゃんの状態を把握しよう!

羊水検査

今回は、NIPTで検査間違えや血液検体の取り違えはあるのかについて知りたいという方に向けて、NIPTの検査精度やNIPTのメリットについて紹介しました。

NIPTのメリットについては、以下のとおりです。

  • 胎児の疾患の可能性がわかる
  • 妊娠10週目から検査可能
  • 流産リスクがない

また、おすすめのNIPTクリニックを比較検討することによって、自分の要望に合ったNIPTを受けることにも繋がります。
今回の記事を参考に、おすすめのNIPTクリニックを利用してみてください。

【おすすめのNIPT(新型出生前診断)クリニック】

関連記事一覧