出生前診断の費用は?検査内容と経済的な負担のバランスを基に判断を

出生前診断を受けるとき、検査方法にはどのような種類があるのでしょうか。また、検査費用はどれくらいかかるのでしょうか。ここでは、出生前診断の種類や検査費用、受検を検討するときのポイントをお伝えしていきます。

 

平石クリニックでNIPTを受検する場合にかかる費用を掲載しているため、検査を希望される妊婦さんはぜひご確認ください。出生前診断を受けるときは、母体や胎児へのリスクのほか、経済的な負担も含めて判断することが大切です。

出生前診断の種類

出生前診断では、胎児の先天異常の有無を調べられます。検査方法は非確定検査と確定検査に大別され、それぞれで解釈の仕方が異なることを理解しておきましょう。

 

出生前診断とは

出生前診断では、胎児の先天異常の有無を調べます。たとえば、ダウン症候群(21トリソミー)・エドワーズ症候群(18トリソミー)・パトー症候群(13トリソミー)は、検査で調べられる先天異常の一例です。妊婦さんの年齢が高くなるほど、染色体異常の発生率が高くなるといわれるため、高齢出産を控えている方が受検することが多くあります。胎児の状態について早めに知っておきたいとき、出生前診断を受ける選択肢があります。

 

出生前診断の種類は、「非確定検査」と「確定検査」に大別されます。非確定検査は、胎児の先天異常の可能性を調べるための検査です。一方、確定検査は胎児の先天異常の有無を調べ、検査結果を確定する検査です。確定検査では流産リスクが存在するため、一般的には非確定検査で陽性の判定が出た場合に、確定検査を受ける流れとなることが多いといえます。

 

出生前診断の種類と特徴

 

NIPT(新型出生前診断)

NIPTは非確定検査の一種であり、妊娠10週から受検できます。非確定検査のなかでも精度が高く、採血のみで実施でき母体や胎児へのリスクが少ないのが特徴です。検査では胎児の遺伝子情報を解読し、先天異常を調べます。一部の医療機関では性別を調べることも可能です。平石クリニックのNIPTでは、性染色体検査も受けていただけます。

 

超音波検査

超音波検査は、妊婦健診でも行われることが多い検査方法です。超音波を当てて子宮内の様子を画像で確認し、胎児の発育を観察したり、先天異常を調べたりします。一般的な超音波検査のほかに、胎児の先天異常をより詳細に調べる「精密超音波検査」もあります。

 

母体血清マーカー検査

母体血清マーカー検査は、妊婦さんに採血を行い、血液中に含まれる成分を測定することで、胎児の先天異常の確率を算出する非確定検査です。3種類の成分を調べる「トリプルテスト」、4種類の成分を調べる「クアトロテスト」などの種類があります。

 

コンバインド検査

コンバインド検査は、母体血清マーカー検査と精密超音波検査を組み合わせることで、胎児の先天異常の確率を算出する非確定検査です。精密超音波検査では、胎児の首の後ろに「NT(nuchal translucency)」と呼ばれるむくみがないか確認します。

 

絨毛検査

絨毛検査は、胎盤の一部である絨毛を採取して、胎児の先天異常を調べる確定検査です。絨毛を採取する方法には「経腹法」や「経腟法」などの種類があります。検査は精度が高い一方で手技の難易度が高く、流産のリスクが約0.5%~1%程度ある点を理解しておく必要があります。

 

羊水検査

羊水検査は、羊水に含まれる胎児の細胞から先天異常を調べる確定検査です。羊水は、妊婦さんのお腹に細い針を刺す「穿刺」という方法で採取します。検査には流産のリスクが約0.3%あり、検査結果が出るまでには4週間前後の時間がかかります。

 

平石クリニックで受けられる出生前診断の費用

平石クリニックでは、非確定検査のNIPT(新型出生前診断)を受検していただけます。ここでは、当院の検査費用やサービスについてお伝えいたします。

 

NIPT

  • 基本検査:18万円(税抜)

基本検査では、胎児の染色体異常を検査します。基本検査で調べられるのは「ダウン症候群(21トリソミー)」「エドワーズ症候群(18トリソミー)」「パトー症候群(13トリソミー)」です。また、性染色体の検査も行います。

 

  • 全染色体検査:21万円(税抜)

全染色体検査では、胎児の1~22番染色体のトリソミーを検査します。検査内容には、基本検査で調べる13番・18番・21番染色体や、性染色体も含まれています。

 

  • 全染色体検査+微小欠失検査:23万円(税抜)

微小欠失検査では、胎児の1~22番染色体のトリソミーや、微小欠失を6項目検査します。染色体の微細な欠失を調べ、「1p36欠失症候群」「4p欠失症候群」「5p欠失症候群」「プラダー・ウィリ症候群」「アンジェルマン症候群」「22q11.2欠失症候群」の染色体異常を検査します。基本検査で調べる13番・18番・21番染色体や、性染色体も内容に含まれています。

 

確定検査の費用は平石クリニックが負担

平石クリニックでは、妊婦さんに安心してNIPTの検査を受けていただける環境が整えられています。当院は土日でも検査可能で、検査結果は最短6日でお伝えします。NIPTにまつわる疑問や不安は、無料の電話相談をお気軽にご利用ください。さらに詳細なご質問やご相談がある場合には予約制で、認定遺伝カウンセラーによるご対応も実施しております。また、当院でNIPTの検査を受けて陽性の判定が出た受検者さまには、確定検査の費用を全額負担いたします。NIPTの受検のことは、検査後のフォローが充実している平石クリニックまでご相談ください。

 

出生前診断を受ける際に検討したいポイント

出生前診断の検査方法を選ぶとき、事前に検討しておきたいポイントをご紹介します。検査の精度・リスク・費用などの観点から比較して、納得できる検査方法をお選びください。

 

検査の精度

出生前診断では、実施する検査方法により精度が異なります。NIPT(新型出生前診断)は非確定検査のなかでも精度が高く、ダウン症候群(21トリソミー)の感度は99%以上といわれています。感度とは、染色体異常がある場合に陽性判定となる確率のことです。なお、確定検査である羊水検査や絨毛検査の感度は、99.99%以上とされています。

 

検査のリスク

出生前診断の検査方法のなかには、流産の危険性が懸念されるものがあります。たとえば、妊婦さんのお腹に針を刺して行われる羊水検査や絨毛検査はその一例です。羊水検査では約0.3%、絨毛検査では約0.5%~1%程度のリスクがある点を理解しておきましょう。

 

費用

出生前診断の検査費用は、クリニックや検査の種類により金額が異なります。母体血清マーカー検査や超音波検査などを、数万円程度で受けられるクリニックもあるようです。一方で、確定検査の費用は10万円を超える場合が多いといえます。非確定検査で陽性の結果が出た場合、確定検査を受ける可能性があるため、経済的な負担も考慮しておきましょう。

 

出生前診断は検査費用にも考慮が必要

出生前診断の検査方法の種類や、NIPT(新型出生前診断)の費用についてお伝えしました。検査方法は主に非確定検査と確定検査に分けられます。確定検査である絨毛検査や羊水検査は、検査精度が高い一方で流産のリスクが懸念されます。確定検査の前にリスクが少ない非確定検査を受ける方が多いため、必要な検査費用を確認しておきましょう。

母体に優しい採血だけの検査

平石クリニックの新型出生前診断

☑ 検査による流産リスクなし
☑ 確定検査の追加費用は自己負担なし
☑ 受診の年齢制限なし
☑ 認定遺伝カウンセラーの電話相談が無料
☑ 主要駅近く全国38か所、提携病院拡大中

詳しく見る

関連記事

  1. ダウン症患者の支援制度で安心~制度の種類と内容を紹介します~…

  2. 出生前診断の検査精度について

  3. 療育手帳とは?申請方法から受けられるサービスまで解説します!…

  4. 羊水検査とは?受検前に理解しておきたい出生前診断の目的と注意…

  5. 【妊娠時期別】妊婦を悩ます不眠の原因と対処法

  6. 妊娠中はアロマがおすすめ?ひどいつわりにはアロマで対策!

PAGE TOP