高齢出産と胎児の障害の関係|出産前に可能性とリスクを知る方法は?

近年、女性の社会進出の増大などによる晩婚化の影響によって、妊娠をしても流産をしたり、カップルで不妊治療を受けたりするケースが増えています。35歳以上の女性による高齢出産も増加していますが、35歳を過ぎてくると卵巣の機能が低下するため、胎児が障害を持つリスクが高まります。元気で健康な赤ちゃんを授かることは、家族みんなの願いです。障害児が生まれることに対する不安を抱える前に、高齢出産をめぐる問題について適切な情報を得て、どんな対処ができるかということを知っておくことが大切です。
ここでは、高齢出産のリスクと原因、さらに、赤ちゃんへの影響を事前に知る方法についてもご紹介します。

高齢出産で胎児に発生するおそれのある障害

高齢出産では、胎児に障害が発生する確率が高まります。まず、どのようなリスクがあるのか見ていきましょう。

高齢出産とは

一般的に、35歳以上が高齢出産とされています。公益社団法人日本産科婦人科学会では、高齢出産は、35歳以上の女性による出産として定義付けられています。従来は20代で出産する女性が多く、30歳を過ぎると高齢出産と見なされることが多かったですが、現在では35歳以上の女性の高齢出産は珍しいことではなくなりました。
このような出産の高齢化は、1980年代から90年代にかけて進み、2000年代以降は、すべての初産のうちの1割以上が高齢出産となり、晩産化が顕著となってきました。全分娩数に対する40歳以上の初産の率を2010年と1980年で比べてみると、約9倍という数字になっています。これは、女性の社会進出の増大などによる晩婚化の影響が大きいと見られています。女性の高学歴化や職場における男女平等の実現、従来は男性が独占していた仕事にも女性が進出していることなどの社会的背景が晩婚化を加速させ、高齢出産が多くなっているのです。

高齢出産で発生する可能性のある先天異常

染色体異常による先天異常

女性の加齢とともに、胎児の染色体異常のリスクは高まることが分かっています。胎児に染色体異常があると、先天異常をもった新生児が生まれます。
ヒトの細胞には46本の染色体がありますが、染色体の数の異常はトリソミーとモリソミーに分けることができます。
トリソミーとは通常2本1組の染色体が3本になることで、さまざまな疾患が生じます。21番染色体が3本になるとダウン症候群(21トリソミー)、18番染色体が3本になるとエドワーズ症候群(18トリソミー)、13番染色体が3本になるとパトー症候群(13トリソミー)が生じます。
ダウン症候群は新生児に最も多い遺伝子疾患です。ダウン症候群の子どもたちは穏やかで、人懐っこい性格の子が多いと言われていますが、筋肉の緊張度が低く、知的発達に遅れがあります。2歳でも言葉を発さないなどの発達障害、心疾患や消化管奇形などの症状が見られる場合があります。
エドワーズ症候群やパトー症候群にも発達障害や心疾患などの症状が見られます。平均寿命が50歳から60歳のダウン症候群に比べて、エドワーズ症候群やパトー症候群の場合は、その約9割の平均寿命が1年以内と短命です。
モノソミーとは本来2本1組の染色体が1本になる異常です。通常、女性はX染色体を2本持っていますが、X染色体が1本になるとターナー症候群が生じます。ターナー症候群は、低身長や女性ホルモンの不足といった特徴を引き起こす疾患で、女性にだけ起こります。翼状頸とよばれる肩まで広がる首の皮膚などの体表奇形を伴い、心疾患や高血圧などの合併症を引き起こします。

遺伝子異常

染色体には、ひも状の情報が23対46本ありますが、ここには遺伝子というDNA(デオキシリボ核酸)で構成された特定のタンパクの設計情報が記録され、体の設計図の役割を果たしています。遺伝子異常とは、特定の遺伝子に何らかの変異が生じて、遺伝子機能に悪影響が生じることを指します。遺伝子異常は遺伝子の配列を読み解く特別な検査をすることで、どこに異常があるのかを明らかにできることがあります。
同じ遺伝子に生じる突然変異にも、問題を引き起こさない変異、わずかな問題やごく軽度の問題を引き起こす変異、さらには重篤な病気を引き起こす変異があります。重篤な病気としては、鎌状赤血球貧血、嚢胞性線維症、筋ジストロフィーなどがあります。

高齢出産で胎児に障害が生じる場合の主な理由

なぜ高齢出産だと胎児に染色体異常や遺伝子異常が生じるリスクが高まるのでしょうか。ここでは胎児に障害が生じる場合の主な理由をご紹介します。

卵子の老化

加齢によって身体が日々老化するのと同様に、高齢出産では卵子が老化し質が低下すると言われています。なぜなら、女性は出生時に一生分の原始卵胞を自分の体に備えているからです。男性の精子が74日間かけて新しく作られるのとは異なっています。こうした加齢による卵子の老化は、染色体異常や遺伝子異常の発生の増加につながるとされています。そのため、20代の母親と比較すると、30代での出産は、卵子の老化によって染色体異常を持つ子どもが出生する可能性が高くなってしまうのです。

遺伝

多くの染色体異常は遺伝しません。しかし、両親のいずれかの染色体異常が、妊娠時に胎児に遺伝する可能性もあります。
染色体異常の遺伝には、ダウン症候群などを引き起こす染色体の数の異常は関係ありません。遺伝する可能性があるのは、両親のいずれかが症状はないが染色体の構造異常を持っている場合です。

環境

空気中の放射線や化学物質による影響などによって、遺伝子が傷つけられて遺伝子異常の原因となることも指摘されています。
また、さまざまな感染症が妊娠期に母体から胎児に感染するおそれがあります。妊娠期の感染によって染色体異常や遺伝子異常を生じさせる場合があります。

高齢出産の際に胎児に起こりうる障害を事前に知る方法

高齢出産では胎児にさまざまな障害が生じるリスクが高まります。胎児の障害を出産前に知るためには、どのような方法があるのかご紹介します。高齢出産では胎児にさまざまな障害が生じるリスクが高まります。胎児の障害を出産前に知るためには、どのような方法があるのかご紹介します。

出生前診断の受診

出生時前診断とは、妊娠後に胎児に先天的な疾患がないか確認する検査です。羊水検査は、胎児が包まれている羊水を採取して検査する方法です。羊水中に含まれている胎児の細胞によって、染色体異常の有無を調べます。
絨毛(じゅうもう)検査は、妊娠早期の胎盤の一部である絨毛を採取する方法です。羊水検査に比べて妊娠のより早い時期に実施します。遺伝子検査などに向きますが、手技が難しい検査方法であるため、実施できる医療施設が限られます。
NIPT(新型出生前診断)は、妊婦の血液を採取して染色体異常を調べる方法です。検査による母体への負担が軽く、検査精度も高いです。
これらの出生前診断を受診することによって事前に胎児の状態を知ることができるので、出産後に必要な準備を検討できます。また、話し合いのうえ、妊娠の中断を選択する方もいるでしょう。

平石クリニックのNIPTの特徴とメリット

NIPTとは、母体から採血して、血液検査によって胎児の染色体異常を調査する方法です。血中を循環しているセルフリーDNAを採取し、母と子の混在したセルフリーDNAの遺伝子配列を解読することで、胎児の遺伝子を明らかにします。
平石クリニックは全国に38医院のネットワークがあるために、近くの医院で検査が受けられますので、来院に長い時間を要しません。またNIPTは35歳以上でないと受けられない施設もありますが、当院では年齢制限や夫婦が一緒でないと受診できないことはなく1人でもご来院いただけます。検査後のフォローも充実しており、陽性であれば当クリニックによって羊水検査費用を全額負担しています。毎日受診可能で、検査結果は最短6日で出ます。お仕事が忙しい場合でも都合のいい時に来院していただけます。また、経験豊富な認定遺伝カウンセラーが在籍し、検査に伴うさまざまな不安の相談に乗ります。

出生前診断を受ける割合は7.2% | 増加の背景と問題点


NIPTとは、母体から採血して、血液検査によって胎児の染色体異常を調査する方法です。血中を循環しているセルフリーDNAを採取し、母と子の混在したセルフリーDNAの遺伝子配列を解読することで、胎児の遺伝子を明らかにします。
平石クリニックは全国に38医院のネットワークがあるために、近くの医院で検査が受けられますので、来院に長い時間を要しません。またNIPTは35歳以上でないと受けられない施設もありますが、当院では年齢制限や夫婦が一緒でないと受診できないことはなく1人でもご来院いただけます。検査後のフォローも充実しており、陽性であれば当クリニックによって羊水検査費用を全額負担しています。毎日受診可能で、検査結果は最短6日で出ます。お仕事が忙しい場合でも都合のいい時に来院していただけます。また、経験豊富な認定遺伝カウンセラーが在籍し、検査に伴うさまざまな不安の相談に乗ります。

高齢出産のリスクを知り、適切な出生前診断を受けよう

近年、女性の社会進出が進むことなどによる晩婚化の影響によって、35歳以上の女性による高齢出産が増えています。高齢出産では胎児が障害を持つリスクが高まります。
医師による出生前診断を受けることによって、胎児の障害を出産前に知ることができます。出生前診断には羊水検査、絨毛(じゅうもう)検査、NIPT(新型出生前診断)などがあります。NIPTは、採血による検査ですから母体への負担が軽く流産などのリスクもほとんどありません。出生前診断には心理的負担もありますので、パートナー・ご家族で検査についてしっかりと話し合った上で受けるようにしましょう。

新型出生前診断(NIPT)のことでわからないことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。



関連記事

  1. 【NIPT】陽性だったらどうしたらいい?偽陽性ってなんのこと…

  2. 【妊娠時期別】妊婦を悩ます不眠の原因と対処法

  3. 【高齢出産リスク】必要以上に不安になることはありません!

  4. 【妊婦×めまい】多くの妊婦が悩むめまいについて

  5. 妊娠15週目のエコー写真の見方|男の子・女の子を見分けるポイ…

  6. 初期胎児ドックとは

PAGE TOP