• HOME
  • NIPT
  • NIPT 病院
  • 群馬でおすすめNIPT(新型出生前診断)クリニック!認可施設と認可外施設の違いは?

群馬でおすすめNIPT(新型出生前診断)クリニック!認可施設と認可外施設の違いは?

NIPT(新型出生前診断)を受けたいけれど、年齢が35歳未満など認可施設は条件が厳しくて検査を諦めたという話をよく聞きます。

NIPT検査を受けたいけれど、どんな病院で受ければ良いのか?お住まいの地域にクリニックがあるのか?などわからないことだらけだと思います。

妊娠中のお母さんは、お腹の子が常に心配で不安な毎日を過ごしているという方も多いことでしょう。

ここでは、群馬県でNIPT検査を受けられるクリニックを紹介します。

結論、クリニック選びは様々な条件を考えて、自分にあったクリニックを選ぶことが大切です。

認可と認可外ではNIPT検査を受けられる年齢など条件が違い、わかりにくところも多くあります。検査の料金や条件なども詳しく紹介しますので、NIPTを検討している方は参考にしてみてください。

賛否両論あるとは思いますが、NIPTを受けることで、早い段階で赤ちゃんを迎える準備をすることができますよ。

この記事では

  • NIPTのクリニックの選び方は?
  • 認可外で受ける場合のチェックポイントは?
  • NIPT検査にかかる費用は?
  • 群馬県でNIPT検査ができるクリニック!
    1. 平石クリニック高崎提携院
    2. ミネルバクリニック
    3. 高崎TAクリニックアソシエ
  • NIPTとは?
  • NIPTのメリットは?
  • NIPTのデメリットは?

について紹介します。

NIPTのクリニックの選び方は?

NIPT検査が受けられるクリニックは「認可」「認可外」の2つに分かれます。

認可・認可外の違いは?

NIPTを検討する妊婦さんやご家族の方は、まず認可・認可外で迷われるのではないでしょうか?

そもそも認可施設は数が少ないので、お住まいの地域にNIPT認可施設がないという場合もあるでしょう。

様々な情報や条件で選択に迷うところですが、認可にも認可外にもそれぞれ良いところがあります。

項目認可認可外
年齢制限35歳以上何歳でもOK
検査項目・21トリソミー(ダウン症)

・18トリソミー(エドワーズ症候群)

・13トリソミー(パトウ症候群)    

・21トリソミー(ダウン症)

・18トリソミー(エドワーズ症候群)

・13トリソミー(パトウ症候群)

・性染色体検査

・全染色体検査

・微小欠失検査

性別判定不可可能
受診夫婦同伴1人受診OK
来院回数2〜3回1回
施設数全国に169ヶ所増加中
条件複数ありほぼなし

【認可施設の条件】

  • 年齢が35歳以上
  • 胎児が染色体数的異常を有する可能性があると指摘された場合
  • 染色体数的異常を有する子どもを妊娠、または出産した既往がある場合
  • 胎児が13トリソミーまたは21トリソミーになる可能性がある場合

このように認可の場合は認可外よりも夫婦同伴受診や来院回数など条件がかなり厳しく、年齢制限という点を見ると誰もが受けれるわけではありません。

認可施設と認可外施設を比較

認可施設と認可外施設をメリット・デメリットで比較してみます。

メリットの比較

 メリット
認可・専門のカウンセラーがカウンセリングを複数回行ってから検査を実施している。

・産婦人科専門とする大学病院などで行う為、フォロー体制がしっかりしている。

・検査に対する説明を時間をかけて行っている。

・陽性の場合は羊水検査まで対応できる。

認可外・35歳未満でも受けることができる。

・1人受診も可能なので、共働きや忙しい人には向いている。

・1日で終わるので検査による負担が少ない。

・費用面を抑えることができる。

・検査結果が出るのが早い。

・性別判定ができる。

・より細かい項目まで調べることができる。

デメリットの比較

 デメリット
認可・誰でも受けられるわけではない。

・夫婦合わせて複数回休みを取る必要がある。

・全国で169しかないので予約がとりにくい。

・都道府県に認可施設がない所もある。

・条件が厳しい

・性別判定ができない

認可外・産婦人科を専門としないクリニックでも検査を行っている。

・遺伝カウンセリングを行なっていないクリニックもある。

・陽性の場合、羊水検査は別医療機関に促されることが多い。

「認可」「認可外」を比較してみました。どちらにもメリットもデメリットも存在するんですね。

NIPT検査選びは「認可だから安心」「認可外だから不安」ということはありません。どちらを選ぶ場合でもクリニックの選択が重要と言えるでしょう。

認可・認可外どちらでNIPT検査を受けるか?よりも大切なのは検査を受ける意味です

どちらが、妊婦さんやパートナーさんの希望に沿っているかを見極めることが大切です。

認可外クリニックでNIPT検査を受ける場合のチェックポイント

「認可」で受ける場合も「認可外」で受ける場合も、クリニック選びは慎重に行いましょう。

実際に認可外の場合は、検査だけで終了アフターケアーのフォローが不十分というクリニックもあります。価格だけでなくフォロー面もしっかりと考慮してクリニックを選ばなければなりません。

クリニック選びでNIPT検査の大事なチェックポイントは…..

  1. 遺伝カウンセリングの有無
  2. 羊水検査の保証の有無
  3. 検査精度の確認

1.  遺伝カウンセリングの有無を確認しよう

遺伝カウンセリングとは、正確な医学的情報を分かりやすく伝え、陽性だった場合の社会的サポートや選択肢などについて説明し、自分で正しい判断ができるようにサポートしてくれる役割を果たします。

(参照:「一般社団法人 日本遺伝カウンセリング学会」http://www.jsgc.jp/faq.html)

「認可施設」の場合は、遺伝カウンセリングを2〜3回夫婦同伴で受けてからNIPT検査を実施します。

それほど、遺伝カウンセリングは重要視されています。日本産婦人科学会は遺伝カウンセリングを提供せずにNIPT検査を行う認可外クリニックの存在に警鐘を鳴らしています。

「認可外施設」の場合、遺伝カウンセリングがそもそもなかったり、有料だったりするので確認する必要があります。

NIPT検査は非常に繊細な検査であり、場合によっては厳しい状況に立たされることもある検査です。そのため、認可外クリニックで受ける場合は、「遺伝カウンセリングを実施しているか」が見極めのポイントになるでしょう。

遺伝カウンセリングを受けることで後悔のない判断ができるようアドバイスを提供します。必ず遺伝カウンセリングは受けるようにしましょう。

2. 羊水検査の保証の有無

陽性だった場合に備えて、羊水検査(確定的検査)の保証の有無を確認しましょう。

羊水検査の保証には「全額保証」「上限あり」「保証なし」の3つのパターンがあります。できれば全額保証のクリニックを選ぶことが、万一の時には安心でしょう。

羊水検査の相場は10万円〜20万円+入院費と言われています。

認可外クリニックでも、羊水検査まで対応できるところや、地域連携で他の医療機関を紹介してくれるところもあります。

認可外クリニックでも羊水検査の補償の面でも手厚いサポートを受けられるクリニックもあるのです。

3. 検査精度の確認

陽性的中率とは、NIPT検査で陽性で、しかも羊水検査などの確定的検査でも陽性である確率です。

陰性的中率は99.9%と言われています。ですが陽性的中率はクリニックの実績数や検査機関の違いにより微妙に精度が変わる可能性があります

検査実績や陽性的中率はホームページで公開しているクリニックとしていないクリニックがあります。公開しているクリニックの方が信頼できると言えます。

その他にも国内検査を実施していたり、海外の検査機関を利用しているところもあるので、予約前に検査精度を確認しておくことも肝心です。

NIPT検査にかかる費用

NIPTの特徴

NIPT検査は、妊婦健診のように妊婦さんが必ず受けなければならない検査ではありません。自由診療になるため保険が適用されませんし、医療費控除も受けられません。

また、医療保険も同様に対象外になるので注意して下さい。

NIPT検査(非確定的検査)を受けて陽性だった場合には、確定的検査(羊水検査・絨毛検査)を受ける必要があります。

  • NIPT検査(非確定的検査) : 約10万円〜20万円
  • 絨毛検査(確定的検査)   : 約10〜20万円+入院費
  • 羊水検査(確定的検査)   : 約10〜20万円+入院費

群馬県でNIPT検査ができるクリニックは?

群馬県で年齢制限なしでNIPT検査が受けられる認可外クリニックは下記の3件です。

 施設名料金(税込)
平石クリニック高崎提携院

176,000円〜
高橋TAクリニックアソシエ165,000円〜

1. 平石クリニック高崎提携院

日本で一番早い週数でNIPTを実施

平石クリニック高崎提携院では、日本で1番早い妊娠6週目で1回目のNIPTを受けることができます。

しかも1回分の検査費用で2回まで受けることができます。

回数妊娠週数
1回目妊娠6週0日〜9週目以前
2回目妊娠10周以降

平石クリニック高崎提携院では検査料金はそのままで、妊娠9週目以前(最短6週0日)と10週目以降の合計2回NIPT検査を受けることができます。

年齢制限・何歳でもOK
料金・基本検査198,000円

・全染色体検査231,000円

・微笑欠失検査253,000円

妊娠週数妊娠10週0日〜 《妊娠9週目以前(最短6週0日〜)》
検査項目13トリソミー

18トリソミー

21トリソミー

性染色体異常

全染色体異常

微小欠失の検査

検査結果最短6日
羊水検査費用全額保証

平石クリニック高崎提携院の強みは、NIPTを1回ではなく2回受けられることです。

妊婦さん自身も2回陰性結果をもらえればさらに安心できるでしょう。

陽性だった場合も2度目NIPTを受けれることで偽陽性や羊水検査などを防ぐこともできます。

料金が変わらず、2回のNIPT検査が受けられるのはメリットでしょう!

総合満足度97%獲得!

全国でNIPTを提供している平石クリニックは、妊婦さんからの総合満足度97%獲得する非常に信頼できるクリニックです。

遺伝カウンセリング無料や羊水検査費用の全額保証など、充実したサポートが受けられるのも満足度に繋がっているのでしょう。

営業時間も22時まで!仕事帰りでも十分検査ができます。遅い時間まで開いているのも嬉しいですね。

さらに、実績や検査数が多く、陽性的中率が高いので検査を安心して任せられるます。

トリソミー陰性的中率陽性的中率
13トリソミー99.99%以上92.80%
18トリソミー99.99%以上95.30%
21トリソミー99.99%以上98.40%

陽性的中率はクリニックによってかなり低いところもあります。チェックしておくべきポイントですよ。

平石クリニックは、料金・サポート・検査精度が全てバランスが取れているので妊婦さん自身が安心して検査に臨むことができるでしょう。

平石クリニック 高崎提携院
住所群馬県高崎市八島町222

高崎モントレー7F

最寄駅JR高崎駅 西口徒歩1分
診療時間10:00〜22:00

 

 

2.高崎TAクリニックアソシエ

高崎TAクリニックアソシエは美容外科を専門とする、NIPT Japanの提携クリニックです。

年齢制限・なし
料金・基本検査165,000円

・全染色体検査176,000円

・微小欠失検査198,000円

妊娠週数妊娠10週0日からOK
遺伝カウンセリング・有料で30分10,000円(希望者のみ)

・スカイプor電話で行う。

羊水検査費用15万円まで保証

総合評価△

サポート面がやや不十分。NIPT検査を理解不足のまま受けてしまう可能性が高く、費用面も普通であまりおすすめできないかも…

当日は採血のみ!

高橋TAクリニックアソシエは、美容外科専門のクリニックです。

検査当日は採血をするだけです。検査自体は海外のベリナタヘルス社で行っています。検査は30〜40分程度であっさり終わります。

NIPT Japanは全国80以上の提携クリニックでNIPT検査を行っており、実績に関してはかなり多く、検査精度は信頼度は高いのが特徴です。

ただし、中には美容外科など他科クリニックに妊婦さんが行くことになるので抵抗がある方もいるようです。

サポート面が△

  • 遺伝カウンセリング有料
  • 羊水検査費用上限あり

NIPT Japanでは、希望者には有料で遺伝カウンセリングがあります。

臨床専門医がリモートによるカウンセリングを30分10,000円(税込)で行なっています。

サッポート面が不十分という印象を受けます。

遺伝カウンセリングを受けずにNIPT検査を受けると、万が一陽性だった場合に後悔してしまうのは妊婦さん自身です。

正直、年齢制限がないという点以外、あまりメリットを感じないですかね…..

NIPTとは?

検査精度が高い

2013年に導入された新しい出世前診断で「新型出生前診断」とも呼ばれます。

母体から採血するだけで、赤ちゃんのダウン症などといった染色体異常を調べることのできる検査です。

生まれてくる赤ちゃんの3~5%に先天異常がみられると言われています。

NIPTでは、主に3つのトリソミー(21・18・13)中心に検査します。この3つのトリソミーは胎児の染色体疾患の約7割に相当します

NIPTをすることで、生まれてくる赤ちゃんを迎えるため、早いうちから環境を整えてあげることに役立てることができます。

また、お母さん自身の妊娠生活の不安をわずかでも軽減することにも繋がるでしょう。

NIPTのメリットは?

NIPT検査には以下のようなメリットがあります。

  • 採血のみで検査可能
  • 検査精度99.9%と高い
  • 妊娠10週から検査可能
  • 流産や死産のリスクがない

検査精度が99.9%

NIPT検査の精度は、従来の出生前診断と比較したら検査精度の高さは一目瞭然です。

非確定的検査感度
母体血清マーカー83%
コンバインド検査80%
NIPT99.9%

他の非確定的検査と比べて信頼度が高い検査なのは間違いないでしょう。

従来の非確定的検査は検査精度の低さが問題視されていましたが、NIPTは検査精度が非常に高い為、無駄な確定的検査を防ぐことができるでしょう。

流産や死産のリスクがない

NIPTは、採血のみで検査が可能なので、流産や死産のリスクがなく安心です。

NIPTでは、10ml程度の採血をするだけで検査が完了します。お腹に針を指すことはありません。

確定的検査(羊水・絨毛)にはリスクが伴います。

確定検査の場合は、羊水検査で1/300、絨毛検査で1/100の確率で、流産・死産のリスクが存在します。

こういったリスクを避け、安全に検査を行える点もNIPTのメリットでしょう。

妊娠10週〜検査可能

従来の非確定的検査は、早くても妊娠11週〜でしたが、NIPTは妊娠10週〜と早いうちから検査が可能です。

日本の人工中絶手術は妊娠21週6日までと定められています。

検査をギリギリに受けると、短い時間で厳しい判断を迫られることもあります。

NIPTはより早く検査結果を知ることができます。その分、ご両親が心の準備をする時間、病気について学んだり、話し合う時間など多くの時間を確保することができます。

「時間を確保できる」と言う点でどんな結果においても大きなメリットになるでしょう。

NIPTのデメリットは?

NIPT検査のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 検査費用が高い
  • 検査結果が100%ではない
  • 病院によっては条件が厳しい

検査費用が高い

NIPTは、保険適用外のため、費用相場は約15万〜20万円前後と言われています。

できるだけ費用を抑えたいという場合は、認可外施設では検査内容を自分で取捨選択できる為、自分の予算に合わせて選ぶこともできます。

ただし、安すぎるとフォロー面が不十分な可能性もありますのでしっかり確認する必要があります。

検査結果が100%ではない

NIPTは、非確定的検査です。検査結果を確定するためには、確定的検査(羊水検査・絨毛検査)を別に受ける必要があります。

 

NIPTは検査精度が高いと言われるので勘違いしやすいのですが、全ての病気がわかるわけではありません。一部の限定的な疾患が分かるだけで、生まれてみないとわからない病気もいっぱいあります。

障害の有無はわかっても、障害の重さまでは生まれてこないと分からないのです。

病院によっては条件が厳しい

認可施設の場合は、年齢制限など条件が厳しく設けられています。ですので、誰もが簡単に受けられるわけではありません。

また、夫婦同伴必須の為、共働きの夫婦だと何度も休みを合わせる必要があったり負担が大きいと言えます。

こういった理由から、初めから認可外を選択する夫婦が増えています。

認可外であってもクリニック選びをしっかりすればあまりデメリットにはならないと言えます。

まとめ

ここでは、群馬県でNIPT検査を年齢制限無しで受けることができるクリニック3つ紹介しました。

群馬県で受ける場合は、平石クリニック 高崎提携院NIPT検査がおすすめです。

妊娠初期の胎児のことが気にかかり体調が不安定な妊婦さんにどこよりも早くNIPTを受けることができます。場合によっては2度のNIPT検査を受けることも可能です。

サポート面も申し分ないので、認可外で受けることに抵抗がある方でも十分満足のいく検査ができるとおもいます。

NIPTを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

関連記事一覧