NIPTで性別を診断できる?実施可能なクリニックの特徴と判定の仕組み

NIPT(新型出生前診断)では、胎児の染色体の特徴や性染色体を調べるため、技術的に性別の確認が可能です。検査は妊娠10週以降に受験できますから、早期に性別を知りたいときに役立ちます。検査の目的を十分に理解したうえで受検をご検討ください。

ここでは、NIPTにおける性別判定についてご紹介します。胎児の遺伝子に先天性異常がある可能性を調べるとともに、性別を確認する選択肢についても知っておきましょう。

NIPTで性別を確認できる?

出生前診断で実施される検査方法「NIPT」では、技術的には胎児の性別確認が可能です。受検の目的を十分にご理解いただいたうえで、性別を把握するためにお役立てください。

NIPTとは

NIPTは英語の「non-invasive prenatal genetic testing」の略称であり、新型出生前診断と呼ばれる検査方法です。妊娠中に胎児の状態を知ることができます。NIPTの検査では母体に採血を行い、血液中に含まれる遺伝子情報から染色体の先天性異常の可能性を調べます。たとえば、「ダウン症(21トリソミー)」「エドワーズ症候群(18トリソミー)」「パトー症候群(13トリソミー)」「ターナー症候群」などは、NIPTで調べられる異常の一例です。

クリニックによっては性別を知ることが可能

NIPTは染色体の先天性異常を調べるほかに、技術的には性別を確認できる検査です。妊娠10週以降に受検できるため、妊娠11週以降に実施可能なほかの出生前診断よりも早い時期に性別を調べられます。平石クリニックで実施するNIPTでは、希望者の方に性別の検査を併せて選択していただけます。採血後に、追加で性別を調べ直すのは難しいため、検討されている方はNIPTの受検前にご相談ください。

ただし、公益社団法人日本産科婦人科学会の認定施設では、NIPTによる性別の診断を受けられない決まりとなっています。公益社団法人日本産科婦人科学会の指針により、妊婦さんが十分な認識を持たずに出生前診断を受けるのを避けるためです。胎児の先天性異常や性別を調べると、妊婦さんやご家族は検査の結果を受け止めなければなりません。出生前診断は検査の目的を十分に理解し、受検後の対応も含めて考慮したうえでご検討ください。

性別を判別するNIPTの仕組み

NIPTで性別を判別する仕組みをご紹介します。染色体の特徴や性別の染色体を調べることで、胎児の性別を調べていきます。受検する前に検査の仕組みを理解しておきましょう。

NIPTでは、胎児の染色体の特徴や、性別の染色体を調べることが可能です。人の細胞には46本の染色体が存在しています。これらの染色体は、両親の遺伝子情報を受け継ぎ、2本で1対となっています。46本のうち、22対44本の染色体は、男女で共通しているものです。さらに残りの2本の染色体は「性染色体」と呼ばれ、その配列によって性別が判明します。

性染色体の配列は、男性の場合「XY」、女性の場合「XX」の染色体を持つという特徴があります。NIPTで血液検査を行うと、胎児の染色体情報の一部がわかり、このうち性染色体についても調べることができるのです。このとき、性別の結果を確定させるためには、確定検査を受検する必要があります。NIPTはあくまで非確定検査である点をご理解ください。

NIPTで性別を調べる際に必要な費用

NIPTで染色体の先天性異常や性別を調べる場合、どれくらいの金額が必要なのでしょうか。ここでは費用の一例として、平石クリニックで受検するケースを参考にご紹介します。

まず、NIPTの基本検査費用として180,000円(税抜)がかかります。基本検査では、「ダウン症候群(21トリソミー)」「エドワーズ症候群(18トリソミー)」「パトー症候群(13トリソミー)」の3種類の染色体異常と性染色体の検査が可能です。万が一検査で陽性となった場合、その後は「羊水検査」「絨毛(じゅうもう)検査」などの確定検査を受ける選択肢があり、費用は平石クリニックが全額負担いたします。

また、平石クリニックのNIPTでは「全染色体検査」も実施しています。こちらでは検査費用として210,000円(税抜)がかかり、基本検査の内容に加えて全染色体のトリソミーを調べることができるのが特徴です。1~22番染色体のトリソミー検査を行います。

さらに詳しく調べる「微小欠失検査」の選択肢もあります。微小欠失検査では230,000円(税抜)がかかり、全染色体検査の内容に加えて遺伝子の微小欠失を調べるのが特徴です。出産前に検査を受けて、胎児が1p36欠失症候群や4p欠失症候群をもっている可能性を調べる方もいらっしゃいます。

NIPTの基本検査で性別を調べられる

新型出生前診断と呼ばれるNIPTでは、胎児の染色体にある先天性異常に加えて、技術的には胎児の性別も調べられます。平石クリニックでは、出生前診断の基本検査に性染色体検査が含まれています。希望する方は胎児の性別も併せて検査可能です。ただし、出生前診断を受けた妊婦さんやご家族は検査結果を受け入れる必要があるため、事前に検査の目的を十分にご理解いただいたうえで、性別の検査をご選択ください。

新型出生前診断(NIPT)のことでわからないことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。



関連記事

  1. 採血するだけの簡単検査クアトロテストとは?

  2. 母体血清マーカー検査とNIPTの違い

  3. 染色体、DNA、遺伝子について

  4. NIPTと羊水検査の違い

  5. 先天性疾患とは?どんな種類がある?発生率はどのくらい?

  6. 初期胎児ドックとは

PAGE TOP