• HOME
  • NIPT
  • NIPT 病院
  • 長野県でNIPT(新型出生前診断)ができる病院一覧を紹介|ポイントや注意点も紹介

長野県でNIPT(新型出生前診断)ができる病院一覧を紹介|ポイントや注意点も紹介


長野県でNIPTを受けるにはどんな病院があるでしょうか?

この記事では「長野県内でNIPT検査を受けられる病院」について解説していきます。結論、評判のいい病院を選ぶことが重要です。
NIPT検査を検討する際、わかりづらい「NIPT検査を実施する病院」を調査した結果をまとめたので、ぜひ見ていただければと思います。
その他にも「各病院の評判」の説明や、「実施項目」について説明していきたいと思いますので、 ぜひこの記事を読んで長野県内のNIPT検査実施病院を知っていただければ幸いです。

また「NIPT」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

NIPT(新型出生前診断)とは?

NIPT(新型出生前診断)とは?

NIPT(新型出生前診断)とは、妊娠中に胎児が先天性疾患を持っているかどうか調べる検査です。
妊婦健診では超音波検査も行いますが、出生前診断は主に染色体異常の有無を確認する検査となります。

出生前診断では、以下のような染色体異常を検査することができます。

  • パトー症候群(13トリソミー)
  • エドワーズ症候群(18トリソミー)
  • ダウン症候群(21トリソミー)
  • ターナー症候群(モノソミーX)
  • トリプルエックス症候群(トリソミーX)
  • クラインフェルター症候群
  • 転座
  • 欠失(染色体の一部が無い状態)

どの検査項目が含まれているかは、各施設が提供している検査内容によって異なりますが、主にはこのような病気を調べられます。
どの染色体にどんな異常が発生するかにより、重篤な症状が出る場合もあれば、症状が軽い場合もあるので注意が必要です

NIPT(新型出生前診断)のポイント

NIPT(新型出生前診断)のポイント

NIPT(新型出生前診断)を受診する際に意識しておきたいポイントは、以下の3つです。

  • 採血のみで検査ができる
  • 妊娠10週目から受診可能
  • 高精度で診断できる

採血のみで検査ができる

新型出生前診断(NIPT)は、採血のみで行えます。
母体の血液の中に、わずかに胎児のDNAが流れているため、そのDNAのかけらを集めて特定の先天性異常がないか調べるという仕組みです。
お腹には触れず、採血をするだけで良いため、母子ともに体への負担が少ない点はメリット。

他の出生診断として羊水検査や絨毛検査がありますが、これらは針を刺して検査するため、わずかながら流産などを招くリスクがあります。
その点、NIPTは採血だけで検査できるので、比較的安全な検査です。

妊娠10週目から受診可能

妊娠10週目から受診可能

妊娠10週目の早いうちから受診でき、先天性異常を確認できる点もNIPTの特徴です。先天性異常がある確率は3%から5%と言われているため、全ての妊婦にとってこの確率は当てはまります。
このリスクを早くに知り、心の準備を知っておくことは大きな助けになるでしょう。

例えば、次のような状況があります。

生まれた子どもに重度の疾患があった場合、生まれてすぐに子どもは集中治療室へ移されます。そして親と引き離されて集中治療室にいる間に、ダウン症が見つかるケースが多いです。

このような状況で初めてダウン症について知ると、親にとって大きなストレスになり、今後のことを突然考えなければいけない状態となります。
しかし、先天性異常があることを事前に知るなら、ある程度余裕を持ってサポートのための準備を始めることが可能。

妊娠10週目の早いうちから確認できる点はNIPTのメリットと言えます。

高精度で診断できる

NIPTは高精度で診断できる点は、大きなメリットです。

NIPTの他に出生前診断で行われている検査には、超音波検査や母体血清マーカー検査などがあります。これらの精度は一般的に80~85%程度。
一方、NIPTの精度は99%程度といわれており、他の検査に比べて精度が高い検査です。

新型出生前診断を受けるにあたっての注意点

新型出生前診断を受けるにあたっての注意点

新型出生前診断を受けるにあたって注意したい3つのポイントは以下の通りです。

  • 確定診断はできない
  • 陽性の場合は追加検査が必要
  • 自費診療しかできない

確定診断はできない

NIPTの精度は比較的高めですが、陽性的中率は母体の年齢に依存します。母体の年齢が若ければ若いほど的中率が下がり、確定診断はできない点はデメリットです。

NIPTの精度は99.9%ほどですが、残りの0.1%偽陰性と出る可能性もあります。偽陰性とは、染色体異常があるにも関わらず、陰性が出る状態です。
NIPTの検査結果はほぼ信用できますが、100%ではないという点は覚えておくべきです。

また、NIPTで調べられるのは染色体疾患の有無だけ。そのため、染色体疾患以外にも胎児が持っている可能性のある先天性疾患は多数あります。その中には心疾患や神経疾患など重症度の高いものもあるでしょう。それらの異常は妊娠後期に超音波検査をしなければ発見しづらく、NIPTでは調べられません。

そのため、NIPTで陰性だったからといって全てが安心、というわけはないのも事実です。

陽性の場合は追加検査が必要

陽性の場合は追加検査が必要

NIPTは確定検査ではありません。そのため、結果が「陽性」と出た場合は、次のステップの検査を受ける必要があります。

確定検査として行われるのが羊水検査や絨毛検査です。陽性が出ても、それらの検査で染色体疾患が否定される場合もあります。
また、羊水検査や絨毛検査はお腹に針を刺して行う検査です。そのため、妊婦の体に多少の負担がかかりますし、ごく稀に流産などを引き起こすリスクもあります。

陽性の場合は、これらの検査を受ける必要がある点も心の準備をしておくべきポイントです。

自費診療しかできない

NIPTは保険適応外の検査で、自費診療となります。そのため、費用は比較的高めで、20万円程度が一般的です。
出産費用だけでも高額なものになるため、家庭の経済状況によってはかなり負担となる金額かもしれません。

しかし、精度の高さやリスクの低さについて考えるとNIPTは優れた検査です。NIPTを受けるメリットが費用の負担を上回るかどうかをよく考えて決定すると良いでしょう。

長野県内でNIPT(新型出生前診断)を受診できない理由

長野県内でNIPT(新型出生前診断)を受診できない理由

NIPT検査を行う病院は国内に100院以上ありますが、実は長野県内ではNIPTを受診できません。
長野県の公式ホームページによると、「新型出生前診断の実施施設の要件や、支援体制の確保等の観点及び施設側の当該技術に対する考えによるもの」という理由が述べられています。

新型出生前診断は、支援体制がしっかりと整備された施設で行うことが求められています。しかし、無認定の施設が増加し、適切なカウンセリング等が行われていないとの問題も多く指摘されているようです。
その結果、日本医学会による認定作業が中断されている現状もあります。

また、出生前診断の結果によっては中絶などを選ぶ人がいる可能性もあり、命の選別になってしまうという倫理的な問題も議論中となっています。
そのため、長野県としては、生命倫理的な整理がなされている最中であることから、今後の国の動向を注視し、現状ではNIPTを実施させないという方針になっています。

長野県でNIPT(新型出生前診断)の遠隔診療を実施している病院

長野県でNIPT(新型出生前診断)の遠隔診療を実施している病院

長野県内にある病院でNIPTを受けることはできませんが、他地方の遠隔診療を利用することはできます。

ここでは、遠隔診療を実施している病院を2つご紹介します。

  • ヒロクリニックNIPT

ヒロクリニックNIPT

ヒロクリニック仙台駅前院

検査項目全染色体数+1,2,3,4,5,7,8,10,15,18,20,21,22番染色体全領域部分欠失・重複疾患(オススメプラン)
妊娠週数10週目以降
結果通知までの日数1〜3日
年齢制限
認可×
夫婦同伴有無
羊水検査費用記載無
カウンセリング費用記載無

ヒロクリニックNIPTのポイント

  • 17000件越えの実績
  • 1〜3日の短期間で結果が出る
  • モノソミーも報告

ヒロクリニックNIPTは、「東京衛生検査所」にNIPT検査を依頼しているクリニックです。海外の検査機関で行うNIPTより早く正確で、1〜3日で結果がわかるのが嬉しいポイント。
採血時からバーコード管理をしており、検体の間違いが限りなく発生しにくい工夫もされています。

ヒロクリニックNIPTでは、21、18、13番染色体で染色体が3本となるトリソミーの報告だけでなく、モノソミー(染色体が1本)などの異常も報告。

ヒロクリニックでは、札幌から福岡まで全国10院ある各医院に産婦人科専門医、小児科専門医、精神科専門医がおり、ネットワークで連携しています。
そのため、各専門医が強力して妊婦さんのさまざまな質問に答えることができるのも特徴です。

ヒロクリニックNIPTの料金情報

ヒロクリニックのNIPTでは主に以下の4種類のプランがあります。

  • ミニマム 9万
  • over35 15万
  • オススメ20万
  • フルセット24万

プランによって、調べられる染色体の異常の内容が少しずつ異なります。

また、この他にも項目を絞ったさらに低額なプランもあるのが特徴です。

ヒロクリニックNIPTの口コミ

「35歳以上のover35というプランで受けました。他のクリニックより安く受けれて助かりました。結果も陰性でホッとしています。」

「費用が高くて諦めていたのですが、21トリソミーだけでも調べたいと思い、こちらでは安くできたので助かりました。全く知識がない状態で行ってしまったのですが、先生が優しく説明してくれてその場で決められたので安心感も大きかったです。」

「料金は他院に比べて安価なので、検査だけと割り切って、接遇や検査内容の説明は期待せずに受診するといいと思います。」

「先生は検査のプランもしっかりとは覚えていない様子で少し頼りなかった。検査代も消費税込みではないので注意。」

引用元:Manap

ヒロクリニックNIPTの基本情報

住所
東京都中央区京橋1丁目1−9 LEO八重洲ビル8階
診察時間
平日土日10時〜18時

NIPT(新型出生前診断)を受けた方がいい人

NIPT(新型出生前診断)を受けた方がいい人

NIPTを特に受けた方がいい人の特徴は、次の3つです。

  • 35歳以上の高齢出産の場合
  • 染色体異常症の児童が兄弟にいる場合
  • 両親が染色体異常の場合

35歳以上の高齢出産の場合

高齢出産の場合は、NIPTで染色体異常を確認するのがおすすめです。母体の年齢と胎児の染色体疾患の発生率は相関している言われるでしょう。

ダウン症候群では、母体年齢40歳の人は30歳に比べて、発症頻度が10倍以上であるというデータもあります。
また、母体年齢が40歳の場合約80人に1人の確率で胎児にダウン症候群が発症するとも言われています。

染色体異常症の児童が兄弟にいる場合

染色体異常症の児童が兄弟にいる場合

染色体異常の多くは遺伝しないと言われています。しかし、長子が染色体異常があった場合、次子に再発するケースも稀にあるとされるでしょう。

長子の異常パターンが転座型だった場合、尚且つ両親のどちらかが転座型保因者の場合は次子に再発する可能性が上がるようです。そのため、NIPTを受けることを推奨されています。

両親が染色体異常の場合

両親のどちらかが染色体異常である場合も、遺伝する可能性があるでしょう。

「ロバートソン転座」の「保因者」である母親の子どもは約1/10程度で、父親の場合は約1/20程度でダウン症を発症すると言われています。そのため、両親に染色体異常がある場合にもNIPTを受けた方が良いでしょう。

長野でNIPT(新型出生前診断)を実施している病院を知ろう

長野でNIPT(新型出生前診断)を実施している病院を知ろう

この記事のポイントをまとめると以下の通りです。

  • NIPTは採血だけで簡単にできる検査
  • NIPTは確定検査ではない
  • 長野県ではNIPTを受けられないが遠隔診療はできる

NIPTは採血のみでできるため、リスクが少なく、手軽な検査です。ただし確定検査ではないため、陽性だった場合には、さらに他の検査に進む必要があります。

また、長野県ではNIPT検査が認められていないため、県内で受けたい場合には遠隔診療を選択する形となります。

この記事でNIPTに関心を持たれましたら、まずは病院選びから始めてみてくださいね。

関連記事一覧