妊娠13週のエコー写真にはどんな特徴がある?胎児や妊婦の状態は?

妊婦さんのお腹が少し膨らみ始める妊娠13週。この時期のエコー写真では胎児のどんな状態が見られ、妊婦さんの体にはどのような変化が起こるのでしょうか。

ここでは妊娠13週のエコー写真の特徴や、胎児や母体の状態などをご紹介します。妊婦健診の超音波検査では、まれに胎児に異常が見つかることがあります。より詳しい検査を希望する場合、出生前診断を受ける選択も視野に入れましょう。

妊娠13週のエコー写真と胎児の特徴

妊娠13週は胎児が手足を動かす様子が見られますが、エコー写真ではまだ性別がわからない段階です。まずは、妊娠13週のエコー写真と胎児の特徴をご紹介します。

妊娠13週のエコー写真の特徴

妊娠13週になると、胎盤に厚みが出始めます。エコー写真で白く見える部分が胎盤です胎児の性別は、妊娠13週の時点でわかるケースは少ないといえます。超音波検査で性別がわかるようになる時期は、妊娠20週前後が目安です。一方で、妊娠13週には胎児の体重を推定で出せるようになります。体重を推定するときは、胎児の頭の横幅・お腹の周囲・大腿骨の長さを計測したうえで算出します。

妊娠13週の胎児の特徴

妊娠13週は、胎児にさまざまな動きが見られるようになります。手足を伸ばしたり、手の親指とほかの指を分けて動かしたりと、細かな動きが観察できることも。口元へ手を持っていき、指をなめるような仕草が見られるケースもあるようです。また、妊娠13週には胎児の肺の動きも活発になり、まるで呼吸のように羊水を肺に入れたり出したりします。すでに完成して動き始める臓器もあり、脾臓では血液が作られるようになるのが特徴です。

妊娠13週の妊婦の状態

妊娠13週の妊婦さんは、お腹が少しだけ膨らんできます。ホルモンの影響を受けて便秘になりやすいためお気をつけください。妊娠13週の妊婦さんの状態をご紹介します。

お腹が少しだけ膨らんでくる

妊娠13週の妊婦さんは、まだ外から見てわかる大きさではないものの、お腹が少しだけ膨らんできます。この時期の子宮はグレープフルーツほどの大きさになっています。普段の服装を選ぶときは、快適に過ごすためにお腹周りがゆったりとした衣服を身に着けたほうが良いでしょう。妊婦さんのお腹が出て目立ってくるのは妊娠16週くらいからで、妊娠20週ごろには周囲の人が見てもわかるほどの大きさになるのが一般的です。

便秘になりやすい

妊娠中はホルモンの影響を受けて、腸の動きが鈍くなりやすいといえます。腸のなかを食べ物がゆっくりと移動して水分が吸収されるため、排せつ物が出にくくなることも珍しくありません。妊娠中の便秘がつらいときは、主治医に相談してみましょう。妊娠前から便秘がちであった方も、便秘薬の服用は医師の指示に従って行うと安心です。

妊娠13週の超音波検査でわからないことを調べるには?

妊娠初期には、妊婦健診で超音波検査を行うことがあります。超音波検査ではわからない胎児の先天異常を調べるなら、出生前診断も選択肢に入れてみましょう。

妊娠初期の超音波検査で主にわかること

妊娠初期の超音波検査では、胎児の心拍があるか、妊娠週数に適した心拍数かどうかを確認します。また、胎児の頭・首・胸・お腹・手足に形態の異常がないかも調べていきます。妊婦健診の超音波検査では、まれにNTが見つかることも珍しくありません。NTとは「nuchal translucency」の略称で、胎児の後頚部に厚みがある状態を意味します。正常な胎児にNTが見られるケースもありますが、通常よりも厚いと染色体異常や心疾患の可能性が高いといわれます。NTは胎児の向きにより数値が異なってしまう場合があるため注意が必要です。

超音波検査でわからないことを調べる方法

超音波検査で胎児の経過観察を行うと、まれに先天異常が見つかる場合があります。しかし、超音波検査で胎児のすべての先天異常を調べることはできません。そのため、出産に備えて別の出生前診断を受ける決断をする妊婦さんやご家族もいらっしゃいます。

出生前診断の検査方法のなかでも、流産のリスクがほとんどないといわれるのが非確定検査です。コンバインド検査をはじめとした一部のなかでも「新型出生前診断(NIPT)」は、精度の高さが特徴です。妊婦健診の超音波検査よりも詳しく胎児の状態を知りたいとき、NIPTの受検をご検討ください。

ただし、出生前診断の非確定検査では、先天異常の検査結果を確定できないのがデメリットです。万が一、非確定検査で陽性の判定が出た場合には、その後に確定検査の受検が推奨されます。まずはリスクの少ない非確定検査を受けて、その後は妊婦さんやご家族の必要に応じて確定検査である「羊水検査」や「絨毛(じゅうもう)」をご検討ください。

妊娠13週ではNIPTの受検が可能

妊娠13週のエコー写真では、胎児の体の大きさを計測することで、体重を推計できるようになります。胎児の性別がわかるまでにはまだ時間がかかるでしょう。一方で、胎児の動きが見られるようになる時期で、妊婦さんのお腹が少しだけ膨らんでくるのが特徴です。ホルモンの影響で便秘になりやすいため、症状が気になる方は主治医にご相談ください。

妊婦健診の超音波検査では、まれに胎児の先天異常が見つかる場合がありますが、すべての異常を見つけるのは難しいといえます。妊婦さんやご家族が出産の準備をするうえで、出生前診断を受検する方法もあるためご検討ください。その際は、検査による胎児へのリスクがほとんどない、非確定検査のNIPTを受験するようおすすめします。

平石クリニックのNIPTには年齢制限がなく、幅広い方に受検していただけます。同伴者なしでもお受けいただけるため、安心してお越しください。検査について不安や心配があれば、認定遺伝カウンセラーへの電話相談が可能です。相談は事前予約制であるため、検査の前後で必要なときご利用ください。結果は最短で検査日から6日間でお伝えします。

当院では、非確定検査のNIPTで陽性が出た場合、確定検査の費用を全額負担いたします。NIPTをはじめとした出生前診断のことは、受検者さまに安心して出生前診断を受けていただける環境を整えている、平石クリニックまでお問い合わせください。

幸せな出産を迎えるために

平石クリニックの新型出生前診断

☑ 30代後半での初産、胎児の様子を知りたい
☑ 出産後のことが何となく不安
☑ 他のクリックでは年齢制限で受診できなかった
☑ 検査を受けるならプロに相談して決めたい

詳しく見る

関連記事

  1. 妊娠11週のエコー写真の特徴|胎児や妊婦はどのような状態?

  2. 妊娠中に飲みたいルイボスティー!効果や選び方について紹介しま…

  3. 妊娠中はアロマがおすすめ?ひどいつわりにはアロマで対策!

  4. 子供の医療費を援助!小児慢性特定疾病医療助成制度について解説…

  5. 妊娠中にストレスに感じやすいことは?胎児への影響と解消する方…

  6. 40代で初産を迎える人の割合と、知っておきたい高齢出産のリス…

PAGE TOP