山形でNIPT(新型出生前診断)におすすめクリニック3選

この記事では、山形でNIPTを受けられるおすすめの病院・クリニックを紹介しています。

山形でNIPT(新型出生前診断)におすすめクリニック3選

平石クリニック

平石クリニックの特徴

年齢制限なし

35歳以上といった年齢制限はありません。
年齢に関係なくどなたでも受けることができます

プランが豊富

「基本検査」「全染色体検査」「全染色体+微小欠失検査」の3種類のプランを用意しています。
知りたい内容に合ったプランをお選びいただけます。

検査結果が早い

最短2日でメールにて結果をお伝えします。
※検査会社の混雑具合やDNAの採取に時間がかかる方もいらっしゃるためあくまで目安としての日数です。ご了承ください。

いつでも予約可能

平石クリニックでは、妊娠が分かった時点から新型出生前診断(NIPT)をご予約いただけます。

土日も検査可能

平日は何かと忙しいという方は、土日の検査も可能です。

新型出生前診断(NIPT)の後の羊水検査は全額負担

新型出生前診断(NIPT)で陽性となった場合は、羊水検査にかかわる費用を全額負担いたします

認定遺伝カウンセラーに相談可能

出生前診断の検査内容や結果を正しく理解するために、認定遺伝カウンセラーに相談が可能。
認定遺伝カウンセラーは新型出生前診断(NIPT)に関する最新の知識を習得しているため、受検者様にとって納得のゆく意思決定や心理支援ができます。
検査前の不安や、陽性の結果が出た場合にも無料でご相談いただけます。

もっと詳しく見る

平石クリニック医師紹介

平石医師

院長:平石 貴久
1950年鹿児島県生まれ。
東京慈恵会医科大学卒業。
出生前診断評論家としてTVなどメディアの出演多数。
NIPTを受けようと検討されている方向けにセミナーなども実施。

検査・費用

A 基本検査
◆13,18,21トリソミー検査
◆性染色体検査
◆性別判定
180,000円(税抜)
B 全染色体検査
◆1番~22番トリソミー検査
◆性染色体検査
◆性別判定
210,000円(税抜)
C 微小欠失検査
◆1番~22番トリソミー検査
◆性染色体検査
◆微小欠失検査
1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、プラダー・ウィリ症候群、アンジェルマン症候群、22q11.2欠失症候群
◆性別判定
230,000円(税抜)

詳細情報

羊水検査費用保証あり
年齢制限なし
当日検査あり
紹介状の有無なし
夫婦での通院なし
通院回数1回
認可/認可外認可外

以下の提携院で検査を受けることが出来ます。

平石クリニック 鹿児島提携院

住所鹿児島市山下町9-1チャイムズビル6F
市電「朝日通」電停前(1Fがセブンイレブンのビルになります)
診療時間11:00〜17:00 休診日:月火木
HPHPはコチラ

山形大学医学部附属病院

検査・費用

NIPT 採血検査
不明

詳細情報

羊水検査費用保証
年齢制限
当日検査
紹介状の有無
夫婦での通院
通院回数不明
認可/認可外認可

住所・営業時間

住所山形県山形市飯田西2-2-2
診療時間8:30〜17:00

ミネルバクリニック

ミネルバクリニックの特徴

先進的な遺伝子検査の提供

ミネルバクリニックはスーパーNIPTやカリオ7、デノボなど世界の中でも優れた遺伝子検査を採用しています。特にスーパーNIPTは「偽陰性0、陽性的中率100%(T18/21)」という高い正確性を誇ります。全染色体の部分欠失・重複や、父方・母方・両親由来の様々な遺伝子疾患のリスクも調査可能です。

早期の検査実施

妊娠6週からNIPT検査実施ができます。これにより、早期段階で遺伝子異常を発見し、適切な対応を可能にしています。

オンライン診療と全国対応

全国どこからでもオンライン診療を受けられ、採血は患者さんの近くの連携医療機関にて行うことが可能です。このような環境整備により、「近くにNIPTを受けられるところがない」「近くのクリニックで行うより高品質なNIPTを受けたい」などの悩みを持つ方々にも適切なサービスを提供しています。

もっと詳しく見る

検査・費用

A  スーパーNIPT (第3世代)
◆常染色体検査
◆13トリソミー(パトー症候群)
◆18トリソミー(エドワーズ症候群)
◆21トリソミー(ダウン症候群)
◆性染色体検査 遺伝カウンセリング
176,000円(税込)
B  スーパーNIPT geneプラス (第3世代)
◆常染色体検査
◆13トリソミー(パトー症候群)
◆18トリソミー(エドワーズ症候群)
◆21トリソミー(ダウン症候群)
◆微小欠失検査(4種)
◆100種の遺伝子検査
◆遺伝カウンセリング
236,500円(税込)
C マルチNIPTデノボプラス
マルチNIPTカリオセブン
◆全部の染色体を発達障害と関係する7Mbの大きさで増減をスキャンし、羊水検査以上に染色体を細かく分析する検査です
◆微小欠失検査(9種) デノボ
◆遺伝カウンセリング
35,200円(税込)

詳細情報

羊水検査費用保証あり
年齢制限なし
当日検査なし
紹介状の有無なし
夫婦での通院なし
通院回数1回
認可/認可外認可外

NIPTにかかる費用相場

NIPTとは、妊娠中の母親の血液から、ダウン症など胎児の染色体異常を早期に検知する検査です。

NIPTは体に傷をつけない検査であるため、確定検査に比べて流産などのリスクは低いです

以前は出生前診断といえば母体血清マーカー検査やコンバインド検査が主流でしたが、現在はNIPTが主流になりつつあります。

全て自費治療になり保険適用外となります。

出生前診断の種類費用の目安適用時期
NIPT200,000円前後10〜16週
母体血清マーカー検査20,000〜30,000円15〜18週
コンバインド検査50,000円前後11〜13週

陽性の場合にかかる費用相場

NIPTで陽性が出たら確定診断として羊水検査や絨毛検査を行います

なぜならNIPTでは偽陽性となる可能性も否定できないからです。費用は羊水検査・絨毛検査とも150,000円前後が一般的な相場です。

羊水検査も治療ではないため保険は適用されません。羊水検査を無料とするクリニックもあるため事前に確認しておきましょう。

NIPTクリニックの選び方

実際に検査を考えているのならクリニックの選び方も見ておきましょう。

ポイントとなるのは次の5つです。

  1. 認可の有無
  2. 費用
  3. 羊水検査の有無
  4. 通いやすさ
  5. 実績

5つのポイントについて、それぞれ紹介します。

認可の有無

クリニック選びでまず考えたいのが、認可の有無です。NIPTを行うクリニックには「認可施設」と「無認可施設」があります。

認可を行っているのは、日本医学会・日本産婦人科学会です。

基本的に検査内容やフォローが充実しているのは認可施設です。ただし認可施設の数は少ないため、地域によっては利用が難しいでしょう。

利用しやすいのは無認可施設ですが、アフターフォローが受けられない施設もあるので確認が必要です。

また施設によって、遺伝カウンセリングの有無が違ってきます。

どちらがよいか、比較したうえで検討してみましょう。

費用

NIPTクリニックを選ぶのなら費用の確認も大切です。保険適用外であるため検査費用は高額になります。

ただしクリニックによって金額が違うため、比較すると良いでしょう。

また羊水検査の金額も比べてみる必要があります。

トータルでかかる費用を比較してみるのがおすすめです。

羊水検査の有無

クリニックを選ぶときは羊水検査を行っているかも調べておきましょう。

NIPTで陽性が出たら、羊水検査を受けるのが一般的な流れです。しかしクリニックによっては羊水検査に対応していません。

そこで羊水検査もできる施設を選ぶと費用や手間は減らせるでしょう。

通いやすさ

NIPTでは通いやすいのかもクリニック選びでの大きなポイントです。

認可施設では多くが遺伝カウンセリングや採血が別日になります。そのため何度も通うのは難しいと感じる人も多いでしょう。

無認可なら土日祝日でも検査が受けられるクリニックがあります。忙しいなら1回の来院で検査が完了するクリニックを選ぶのがよいかもしれません。

自分にとって通いやすいクリニックか、調べてみる必要があります。

実績

実績の多さもクリニック選びでは重視したいポイントです。多数の実績があるクリニックなら、スムーズに対応してくれるでしょう。

実績の有無は、クリニックの公式サイトやネットの口コミが参考になります。良い評価・悪い評価の両方をチェックして総合的に判断するのがおすすめです。

安心して利用するためにも、ぜひ実績をチェックしてみてください。

NIPT検査の流れ

NIPTを受けるのなら、検査の流れもあらかじめチェックしておきましょう。一般的な流れは以下の通りです。

遺伝カウンセリングで検査内容の説明を受ける

採血を行う

遺伝カウンセリングで結果の説明を受ける

④陽性なら羊水検査の説明や予約を行う

クリニックによっては医療機関からの予約が必要です。遺伝カウンセリングと採血が別日で、3回行く必要があるクリニックもあります。

来院回数はクリニックによって違ってきますので、事前に確認を行ってください。

認可と認可外の違い

NIPT検査は、産婦人科がある病院や診療所であれば、どこでも受けられる検査ではありません。

NIPT検査を専門に行っているクリニックや、専門外来を置いている施設は増加していますが、全体数としてはまだ限られているのが現状です。

そしてNIPT検査を行なっている施設であれば、どこでも同じ条件、内容の検査を受けられるというわけでもありません。

認可を受けている施設か、それとも認可外の施設なのかによって、検査を受けるための条件や、得られる情報がまったく異なっています。

具体的な両者の違いについて比較してみました。

認可施設の特徴

認可施設とは、日本産婦人科学会、及び日本医学連合会によって認可を受けているNIPT検査を実施している施設のことです。

認可を受けるためには、NIPT検査を行うための専門外来を設置していることや、NIPT検査後の妊婦に対して、カウンセリングなどのフォロー体制が整っていることなど、いくつかの条件をクリアしている必要があります。認可施設の特徴とはなんでしょうか。

全国414か所ほどの施設で受けられる

日本医学連合会によって、NIPT検査を行うことを許された認可施設は、基幹施設が173か所、連携施設が241か所あり、すべて合わせると全国に414か所となります。

認定施設は日本医学会のホームページに記載されており、基幹施設や連携施設のほかに、認証検査分析基幹の一覧もあります。検査を考えているのであれば、一度見てみましょう。

検査を受けるための条件がある

NIPT検査を希望している妊婦が認可施設で検査を受けるためには、日本医学連合会が定めた条件をクリアしている必要があります。

まずは、年齢です。出産時の年齢が、一般に高齢出産のラインとされている35歳以上であること、つまり妊娠と出産に一定以上のリスクがあると判断されなければなりません。

ほかにも、過去に染色体異常児を妊娠した経験がある、エコー検査や母体血清マーカー検査で赤ちゃんの染色体異常の可能性を指摘されたなど、複数の条件を満たすことで妊婦は認可施設でNIPT検査を受けられるようになります。

これまで染色体についてとくに異常を指摘されたことがない妊婦や、年齢が35歳以下の妊婦は、認可施設でのNIPT検査を受けられません。

そして、認可施設で検査を行っている染色体異常は13トリソミー(ダウン症候群)と18トリソミー(エドワーズ症候群)、そして21トリソミー(パトウ症候群)の3種類のみです。それ以外の染色体異常の検査は取り扱っていません。

フォローアップ体制も整っている

認可施設として認められるには、いくつかの条件を満たしていることが必須です。そのなかには、出生前診断に詳しい臨床遺伝専門医や、認定遺伝カウンセラーが複数在籍していること、小児科の臨床遺伝専門医と連携が取れていることなどが含まれます。

そのため認可施設は、検査前および検査後の説明、検査後の妊娠経過のフォロー、そして万が一赤ちゃんに染色体異常が見つかった場合のカウンセリングなども充実しているのが大きな強みです。

認可外施設の特徴

さて、NIPT検査が認可されている施設があるということは、もちろん認可外の施設もあります。

認可外という言葉を聞いて身構えてしまうかもしれませんが、これはあくまで日本医学連合会の認可を受けていない施設というだけで、違法な施設ではないのでご安心ください。なかには、あえて認可を受けていない施設もあるほどです。

認可外施設の強みは、なんといっても自由度の高さです。ここでは認可施設にはない、認可外施設の特徴について紹介します。

医師からの予約や紹介状がいらない

認可施設でNIPT検査を受けるとき、医師からの予約や紹介状が必須です。

しかし、認可外施設でNIPT検査を受けるのであれば、これらの煩雑な手続きや準備は必要ありません。

日中会社員として働いている多忙な方や、上の子どもの世話に追われている方も検査当日に来院すれば、すぐにNIPT検査を実施することができます。

諸事情によって十分に時間が取れない妊婦にとって、時間がほとんどかからない認可外施設で実施されるNIPT検査は、非常に大きな魅力と言えるでしょう。

検査を受けるための条件がない

認可施設で検査を受けるためには、いくつかの条件をクリアしている必要がありました。

いっぽうの認可外施設の場合は、ほぼ無条件でNIPT検査を受けることが可能です。

35歳以上という年齢制限もないですし、平日には病院に通えない方のために土日の検査に対応してくれる施設もあります。

希望さえすれば、誰でもNIPT検査を受けることができるのも認可外施設の強みのひとつです。

ニーズに合った柔軟なプランが揃っている

認可外施設の場合、認可施設のような細かい規定やルールがないので、検査項目が限定されることはありません。

そのため、NIPT検査を希望する方の希望に合わせて、柔軟なプランを揃えられるのも認可外施設の特徴です。

たとえば、施設によっては認可施設で調べてくれる3つの染色体異常以外の染色体異常も調べてくれますし、赤ちゃんが男女どちらの性別なのかも教えてくれます。

NIPTでよくある質問

NIPT(新型出生前診断)と羊水検査の違いは?

新型出生前診断(NIPT)は、妊娠中の母体から血液を採取し、その中に含まれる胎児由来のフリーDNAを分析するため、胎児への直接的な影響はありません。

羊水検査は胎児自身の細胞を直接調べることになるので確定的検査となり、それだけで結果が確定することになります。

したがって、最初から羊水検査をするという選択もありますが、保険適用外で高額なうえ、NIPTに比べて時間もかかり、母体や胎児へのリスクも高まります。

また、子宮に針を刺したことによる破水・出血・感染が起こる可能性も否定できません。

万が一適切な処置がとれなかった場合は、胎児死亡や流産につながるリスクがあり、その確率は1/300といわれています。

NIPTを受けて陽性だった場合はどうすればいいの?

NIPTの結果が陽性だった場合、専門家から遺伝カウンセリングを受けながら対処法を相談して決定します。

確定的検査(羊水検査や絨毛検査)は流産のリスクがあり、受ける期間も限られるので、夫婦でよく相談し、意思決定を行うことが重要です。

結果が陽性だった場合の対応も事前に決めておくことを推奨します。

NIPTの検査結果はいつ分かる?

NIPTは、採血したらすぐに検査機関へ血液を送って調べてもらうことになっていますが、結果が出るまでには大体1~2週間程度が必要です。

また、この期間自体は病院によっても違っており、1週間以内に結果を知ることができる場合もあれば、2週間経過してもまだ分からないという場合もあることは理解しておきましょう。

どうしても具体的な期間を知りたい場合は、病院のほうから教えてもらうことができるので、あらかじめ聞いておくとよいでしょう。したがって、1~ 2週間という数字はあくまでも目安として認識しておいたほうが無難です。

NIPTにおける市場状況

NIPTは、一般的に利便性の高い検査として受け止められています。そのため、検査実施数と認定施設数は年々増加傾向にあります。

NIPTの検査実施数の推移

年度検査実施数
2013年7,775
2014年10,531
2015年12,487
2016年13,887
2017年13,497
2018年14,347
2019年14,288

NIPTの認定施設数の推移

年度認定施設数
201334
201444
201550
201669
201782
201885
201992
2020109

出典:第4回NIPT等の出生前検査に関する専門委員会(令和3年1月15日)

NIPT受検者のアンケート調査の結果について

参考

NIPT 等の出生前検査に関する専門委員会報告書

NIPT,出生前検査:将来的発展VS 問題点と限界

出生前検査認証制度等運営委員会