dna-am

コラム

知っておきたい!正しい妊娠週数の数え方とは?

妊娠時期を把握するとき、「妊娠3ヶ月」など妊娠時期の目安を「月」で考えることが一般的です。しかし、妊婦健診などにでは妊娠を週数で数えます。あまりなじみのない数え方なので、妊娠中でも今何週かを聞かれてすぐに答えられないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は「週」を使う妊娠時期の把握の仕方についてご説明します。
コラム

新型出生前診断(NIPT)と羊水検査の違いと両方受けるときの優先順

胎児が生まれつきの染色体異常や先天性の疾患をもって産まれてこないかどうかは、重要な心配事のひとつです。
コラム

新型出生前診断(NIPT)と胎児スクリーニング・胎児ドッグの違い

出生前診断にはいろいろな種類があり、超音波を使った画像検査や染色体疾患などに対する検査を受けることが可能です。
コラム

出生前診断を受けるメリットについて

労働力人口の不足などで女性の社会進出は一層進んでおり、晩婚化や初産の年齢は上がる傾向が顕著になっています。従来は20代で出産経験を持つのが一般的でしたが、現在では35歳以上の年齢で初めて出産する事例も珍しいことではなく誰もが当事者になる可能性があります。出産年齢が上がるにつれて染色体異常の確率が高くなるので出生前診断が注目を集めています。
コラム

NIPTを受けて陽性だった場合はどうすればいいの?

健康な赤ちゃんを産みたいと思うのが、多くの妊婦が思っていることです。NIPTは赤ちゃんを出産する前に、健康であるかどうかを調べるための検査です。陽性反応が出てしまったらどうすればいいのか判断がつかないという方もいるかもしれません。